カルティエって

LINEで送る
Pocket

1974年にリリースされた「レ マスト ドゥ カルティエ」シリーズでリリースし、その頃としては珍しい色彩でしたが、カルティエの心象トーンの赤を受け継ぐものとして選ばれ、ご時世を先取りしたこの選択は70年代から80年代に、黒い皮革に代わってエレガンスの象徴としてはやるしました。

腕時計のサントスは、ブラジルの大富豪で飛行住まいのサントス・デュモンに注文を受けて作られた腕時計で、現在ではカルティエの代表的な作品となっています。

カルティエの皮革商品のテーマ色味は、少々フランボワーズがかったボルドー色調。

3色の金を活用し「愛・忠誠・友情」を表現し、三本が絡み合う意匠を完了させました。

カルティエのトリニティーは1924年にジャン・コクトーが仲間の詩人ラディゲに贈るために、この世に二つと影響しないリングを作って望むとオーダーした事がきっかけです。

19世紀に入って、ルイの孫達がアール・デコ様式のジュエリーや趨勢性の高い時計を発表し、名声を高め、現時点でではイギリス王室御用達に指定されています。

カルティエはフランスの超ハイグレードジュエリー、時計ブランドで18世紀後半にパリで宝石細工技師のルイ・フランソワ・カルティエがアトリエを開いたのが始まりです。