大人のブランドクリスチャンディオールについて

LINEで送る
Pocket

パリ・オートクチュール全盛期の先端を担った名デザイナーであるクリスチャンディオールは1946年、パリにメゾンを設立しました。

初めて公表したデザインは、ペチコートで膨らませ、なおかつ曲線美をとても強調したラインと、ゆったりそしてなだらかな肩にかけて細く絞ったウエストライン。
そこからくるぶしまである長いスカートというとても優美なコーデで「花冠ライン」と呼ばれました。

クリスチャンディオールの花冠ラインの影姿の美しさはトレンド業界を驚愕させ、鮮烈なデビューを果たしました。

クリスチャンディオールのコーデは、「ニュー・ルック」と呼ばれ、ワールドワイドのモード界に旋風を巻き起こしました。

クリスチャンディオールはエレガントで優美な女らしいラインを作り出す新しい技術を次々に生み出し、「はやるの神様」と呼ばれ、現代のファッションブランドにも多大な影響を与え続けています。

クリスチャンディオールは10年という時間で急逝してしまいました事はとても残念なことですが、サンローランであったりガリアーノといったとても優秀な後継者が、究極のエレガンスと呼ばれるクリスチャンディオールブランドイメージを引き継いで、目下でも世界中の王室や女優たちに愛されています。

クリスチャンディオールでは、レディースウェアやメンズウェア、バッグ等のアクセサリーや履物、ファインジュエリー等や化粧品など多岐にわたった商品を扱っています。

春のトレンチコードコーデ