『コム サ デモード』について

LINEで送る
Pocket

1976年に立ち上げたファイブ・フォックス社の基幹ブランドのコム サ デモードは1980年代の日本のDCブランドブーム全盛期に躍進し、単体では国内最大手のアパレルメーカーです。

コム サ デモードとはフランス語で「こんな様式はいかがですか?」という趣旨。

コム サ デモードは商業的に展開しているブランドなのでデザイナーは非公開ですが、単品の個性を主張するのではなく、トータルコーディネイトを優先している。

黒髪の日本人に合う服という事で黒をテーマ色合いとしています。

コム サ デモードは黒をベースとした安らぎのある意匠で、日本の美意識と西洋の意匠が融合したストイックなモードを目指すコンセプトを持ちます。

アイテムだけでなく、提供員の教育も独特だ。

日本文化を重要にした美意識・価値観を守りながら、コム サ デモードの提供員は「笑顔」「挨拶」「おたたみ」を遵守している。

「おたたみ」とは文字通り、乱れた売り物の服をたたみ直すだけではなく、床に落ちているくずがあれば拾ってそっとポケットにしまう、そのような日本的な「歓迎の心」の表現です。

会社の社会貢献という面においては、他にも、コム サ デモード本社周辺地区の地域清掃を行うなど徹底した「接待の心」を実践しています。