『コム デ ギャルソン』ってご存知ですか。

LINEで送る
Pocket

『コム デ ギャルソン』というブランド名はフランス語で『少年のように』という意味があるそうです。

名前から海外ブランドのようなイメージですが、実は日本のデザイナーである「川久保玲」さんが1969年に立ち上げたプレタポルテのブランドなんです。

そんな日本生まれのブランドですが、パリをメインにその商品コレクションを展開しています。

コム デ ギャルソンブランドの台頭は、服飾の既成コンセプトを崩した。

単色トーンを利用し、布地のねじれや歪み、シンメトリーなどの今風な手法を取り入れ、わざと生地を傷ませたり穴を開けたりする前衛的でカッコイイなデザインで多くの外国人デザイナーを心酔させました。

その頃のプレタプルテ業界では、おおかた黒が使われなかったが、コム デ ギャルソンの作品の公表以来、ワールドワイド的に黒がはやるしました。

黒をベースとしたコム デ ギャルソンのアイテムは、「黒の衝撃」、「ジャパネスクカジュアル」などと呼ばれ、世界中から注意を浴び、「カラス族」という流行語も生んだ事でも知られています。

コム・デ・ギャルソンはパターンの数が豊富で、1つの型で生産される数がとても少なく細やかな参考にが必須とされる製造プロセスは「アートファクトリー」と呼ばれ、需要超過のために高価なブランドとして確立されました。

コム デ ギャルソンの確かな技術ありそして、熱い情熱、さらには縦横無尽なイマジネーションによるデザインは、実際も人々を刺激しつづけていくことでしょう。

ジェラートピケ福袋2018情報:http://xn--n8jln6195bvs5ae11a.net/fashion/fuku/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%94%E3%82%B1%E7%A6%8F%E8%A2%8B.html